サンプルアイチャッチ

宅建とは?

②試験概要

試験は毎年10月第3日曜日に、全国の会場で一斉に行われます。
出題形式は、すべて四択肢一形式(4つの言葉や数字の中から1つを選ぶ)で、
マークシートに記入します。

<試験科目と出題数>

科目 出題数
宅建業法 20問
法令上の制限 8問
その他の法令 8問 
権利関係 14問
合計 50問

宅地建物取引に従事している者に限り、財団法人不動産流通近代化センターが行う講習の課程を修了した者には宅建試験の問46~50の5問が免除されます。
不動産関係の仕事をしているのであれば、絶対に講習は受けるべきです。

<合格ライン>

合格ラインは毎年変動し、全体の上位のおよそ15~17%が合格となるように、
調整されています。近年の合格ラインは、
平成21年 33点
平成20年 33点
平成19年 35点
平成18年 34点
平成17年 33点

だいたい、33点くらいですね。今までの過去問に出ていないような難しい
問題は、他の受験者も答えられないので、あまり気にせず、できる問題から
解くことが大切です。

詳しい試験の情報についてはコチラをご覧ください。
財団法人 不動産適正取引推進機構
http://www.retio.or.jp/