サンプルアイチャッチ

はじめての“宅建”独学体験記

③独学で挑戦するメリット&デメリット

私が独学で勉強してみて、わかったことはたくさんあります。
それをメリットとデメリットにまとめてみました。

【独学のメリット】

①教材費が安い
一番のメリットはコレ。資格スクールや通信講座よりも教材費がダントツに安いです。私の場合は、テキストと過去問題集を1冊ずつしか購入しなかったので約5000円くらいでした。まぁ、見事に不合格でしたが・・・。

②好きな時間・場所で勉強ができる
社会人が独学を好む理由は次にコレじゃないでしょうか。ただでさえ、仕事と勉強の両立は難しいのに、資格スクールなどに通学することは、ほぼ困難ですよね。

【独学のデメリット】

①どのテキストや問題集を選んだら良いのかがわからない
私はインターネットのサイトを参考に、テキストを選びましたが、もっと中身を見てから購入すればよかったと後悔しました。いくら評判が良いテキストでも自分と相性が合うかどうかはわかりません。しかも市販されているテキストの数は膨大。独学での勉強はまずこのテキスト選びから、苦戦してしまうのです。

②最新の試験の傾向や情報がつかめない
いくら市販されているテキストが「最新版」であっても、その情報は本当に最新かどうかはわかりません。法改正の情報などはインターネットで知ることはできますが、それがどのような試験問題になるのかは、予想できません。

③テキストのみの勉強には限界がある
テキストのみの勉強は・・・・・・まず、眠くなります!そして挫折します!
テキストは小説と違っておもしろくはないし、読んで暗記するという作業は過酷なうえ、集中力が続きません。

④効果的な勉強法がわからない
どこが重要部分なのかがわかりにくく、結局すべてを暗記しようとしてしまうのです。約530ページの内容なんて、暗記できるわけがないのに・・・。

⑤モチベーションの維持が困難
最後はコレ。勉強をはじめたときはヤル気満々なので、感じないことですが、2~3ヵ月後に“コレ”がやってきます。いくら職場にライバルはいたとしても、勉強するのは自分ひとり。しかも、「本当にこのテキストで合格できるのだろうか」と不安な気持ちを抱えたままの勉強は、余計にモチベーションを低下させてしまうのです。