サンプルアイチャッチ

合格するための学習法

①社会人には通信講座がベスト!

宅建の合格発表日の翌日に会社へ行くと、そこには“キラキラと輝いている人たち”がいました。そう、宅建試験の合格者です。私はその人たちに見つからないように静かに席に着きましたが、上司にはバレてしまい、不合格の結果を伝えました。

今回受験したのは14名で、不合格は5名。その内訳は
●通学(資格スクールや予備校)
受験者2名⇒合格1名・不合格1名
●通信講座
受験者7名⇒合格7名!!!
●独学
受験者5名⇒合格1名・不合格4名
↑この合格者は国立T大学卒

驚くべきことは、通信講座を受講した全員が合格だということです。
資格スクールや予備校は、通わなくてはいけないという拘束力があるうえ、講師の生講義が聴けるので、合格できて当たり前、というかんじはしますが、逆に通信講座は、独学とそんなに変わらないのではないか・・・と思っていたので、この数字にはかなりビックリしました。

諦めかけた宅建だけど、もう一度、通信講座を受講して頑張ってみようかな・・・、そんな思いにかられた私。そこで、実際に通信講座を受講した社員に、通信講座の教材や受講した感想について聞いてみることにしました。

Aさん
「仕事をしているから資格スクールに通うのは無理だと思って、通信講座か独学にしようと考えたんだけど、市販のテキストと通信講座のテキストを見比べたら内容が全然違うんだ。市販のテキストは試験に出ないようなムダな情報が多くて、逆に通信講座は、試験に出るような重要部分のみを凝縮して載せている。学習効率を考えると、圧倒的に通信講座だね」

Bさん
「私は通信講座の講義CDとDVDが一番役に立ったと思う。CDは通勤中や昼食中にも気軽に聞けるし、テキストを開かないから勉強しているってバレないしね。自宅では講義DVDを見たわ。テキストよりもはるかに頭に入っていくからこれは便利よ。」

Cさん
「僕は学生のときに、通信講座を受講して途中で挫折した経験があったんだ。
だから、今回は教材を変えて勉強したんだけど、これが正解。今回合格した人たちのほとんどは、ここの通信講座を受講したんだよ」

私は早速、Cさんからパンフレットをもらい、無料サンプルテキストを請求してみました。受講したほとんどの人が合格した通信講座って、どこでしょう?
それは「通信教育のフォーサイト」という会社でした。